2006年11月~ 「eJapan構想 ⇒ 電子申告 ⇒ 税金の無駄遣い?」~

政府は「世界最先端のIT国家となる」ことを目標に平成13年(2001)にIT戦略本部を内閣に設置し、eJapan計画を推進している。計画の内容は多岐にわたるが、「世界一便利で効率的な電子行政」の実現がひとつの柱となっている。
このうちの税務行政版が電子申告であり、当面の目標は平成22年度(2010)に国税関係手続きのオンライン利用率を50%に引き上げたいとしている。
これを実現するため巨額の投資をして電子申告システムを立ち上げた。
しかしその利用率はその他の行政分野と同様に低迷しており、このまま利用が低迷するとこれらの投資が大変な税金の無駄遣いになってしまう懸念もある。
電子申告は行政手続きの効率化につながると共に、紙資源の節約にもなり環境に優しい側面も持っている。
事務所では電子申告に積極的に取り組んでおり、早期に利用率100%とすることを目指しています。
いち早くこの制度の利用者となり、「世界一便利で効率的な電子行政」の恩恵を最大限に享受したいと考えています。

あなたのお悩みをお気軽にご相談ください 0266-72-5060

Seminar

セミナー情報
  • 経営革新2021年
    新春セミナー
    2021年1月開催予定

    2021卒向 インターンシップ
    2020年10月、11月開催
    採用ページよりエントリー受付中