2013年3月 ~所得税確定申告初日提出~

中小企業金融円滑化法が3月末で期限切れとなる。金融円滑化法の出口戦略とされる「中小企 業経営力強化支援法」が平成24年8月に施行され、税理士法人栁澤会計も昨年の12月に経営革新等支援機関(「認定支援機関」)として経済産業大臣から認 定されました。2月から認定支援機関のための研修「平成24年度認定支援機関向け経営改善・事業再生研修」が全国で実施されている。私も3日間の研修に参 加した。午前9時から午後5時まで、午前は講義、午後は事例演習というハードな内容の研修であった。この研修で特に印象に残ったのは、企業の経営革新は常 に新しい手を打ち続けることが必要だということである。何も手を打たずに推移すると必ず経営革新は低迷すると教えられた。

我が身を振り返ってみると、事務所で取り組んでいる所得税確定申告初日提出の活動がある。これも経営革新のひとつと捉えている。5年目を迎えてすっかり定 着してきたと思っていた。ところが今年の実績は初日提出率70%と前年の84%から大きく後退し、この5年間で最低になってしまった。初日提出の意義を所 内で再確認できなかったことが大きな原因と思われる。常に革新していかないと前進しない典型例であると思う。経営革新の結果を求めるためには、途切れることなく新しい手を打っていく必要があると実感した。

あなたのお悩みをお気軽にご相談ください 0266-72-5060

Seminar

セミナー情報
  • 経営革新2021年
    新春セミナー
    2021年1月開催予定

    2021卒向 インターンシップ
    2020年10月、11月開催
    採用ページよりエントリー受付中