2010年1月 ~「巣ごもり正月」~

あけましておめでとうございます。
不況の影響でトレンドになった自宅での「巣ごもり正月」を過ごしました。
昨年2月に孫が生まれて、私の両親、私、妻、長男夫婦、孫、次男、長女(帰省中)、86歳から0歳までの四世代9人+犬1匹という大家族がそろっての巣ごもりとなり、結構賑やかなお正月になりました。
不況は家族の絆を強くする効果を持っているかもしれません。

企業活動においては収益拡大が難しい状況が続いており、一部には回復の兆しがあるとはいうものの、
かつての拡大成長路線に戻ることは期待ができないような環境にあります。
「巣ごもり」ではありませんが、現在おかれている環境の中で、如何に企業活動を継続するべきかを考える時期だと感じています。
量的な拡大を求めることが出来ない環境下で、企業の重点目標を質的な面に移行して考えてみる必要があると思います。
それぞれの企業にとって何が一番大事なものか、縮小してもよいもの、失ってはならないものをもう一度洗い出して明確にし、進むべき道を模索する必要があると感じています。
大方の予想では2010年は厳しい経済環境が継続するといわれています。
現在の厳しい状況が続くという前提にたって、今後の方策をきちんと考えてみる必要があると思います。

今年もよろしくお願いします。

あなたのお悩みをお気軽にご相談ください 0266-72-5060

Seminar

セミナー情報
  • 経営革新2021年
    新春セミナー
    2021年1月開催予定

    2021卒向 インターンシップ
    2020年10月、11月開催
    採用ページよりエントリー受付中