長野県茅野市 | 税理士・社労士 | 会計・税務・会社設立・相続・労務・コンサルティング
のことなら栁澤会計グループ

栁澤会計グループ
0266-72-5060

未来の資金残高がわかるようになり、事前対策が可能になります

予測資金繰り表を作っていると、未来において資金残高がマイナスとなり資金ショートする危険性が見えることがあります。

あくまでも「このままでは」という予測の資金繰りですので、資金ショートを回避するには、どれほどの売上を確保する必要があるのか、経費の削減はできないか、銀行から運転資金の融資を受けられるか、あるいは資金調達できないのであれば、銀行への返済を止めなければならないほどの状態なのか、ということを検討します。

資金繰り表を作り、しっかり管理することで、安定した経営が可能になります

資金繰りを管理していないと、資金ショートを起こす間際になって「大変だ!」と焦って銀行に駆け込まなければならなくなったり、あげくに、融資を断られて打つ手がなくなってしまったりするのです。

しっかりと資金繰り管理をしていれば、いつ資金不足になるのか把握でき、余裕を持って融資の申込みができます。もし融資を断られても、すぐにリスケジュールの交渉に入るなど次の対策を立てる余裕を作ることができます。

その場凌ぎの資金繰りから解放され、早め早めに対策を打つ余裕を持てるということは、経営上とても重要です。

また、資金繰り表を管理していないと「賞与を払うために銀行からお金を借りる」「納税のために銀行からお金を借りる」といったような大きな支払いの度に融資を受けなければならない銀行依存体質から抜けられなくなってしまうこともあります。
資金繰りを管理し、返済スピードが利益スピードを上回っていないか、常に確認する必要があるのです。

成功率95%超の実績を可能にする栁澤会計の資金調達力

栁澤会計が得意なことを一つ上げるとするならば、それは『資金調達』です。

金利の低下。金融再編。創業支援。
最近、資金調達環境はどんどん良くなっています。金融緩和で市場にお金はジャブジャブで、優良な借り手を金融機関は必死になって探している状況です。
税理士は、その立場・業務上、最も資金調達を支援しやすいポジションにいます。

栁澤会計では、 shikinchotatsu-ginkoyushi02 と考えいます。

それは『借りたお金』は『将来のお金(利益)』で返済するからです。
金利はお金のレンタル料です。

この『将来のお金(利益)』を本当に理解することが、資金調達、資金繰り、経営を成功させるポイントの一つです。

資金調達実務におきましては、日々の会計帳簿、試算表、決算書は必須提出書類であり、揃っていない場合は門前払いです。
また、やっつけで作成した書類を信用してくれるほど金融機関は甘くはありません。
資金調達において最も大切なことは『事前の準備』です。

栁澤会計は、ただ借りることを目的とするのではなく、入念な調査と準備を行った上ではじめて実行に移します。

栁澤会計では、300社を超えるクライアントの多くで、資金調達の分野でもお手伝いさせていただいています。

税理士として多くのクライアントの借入支援を行ってきた実績により、日々そのノウハウとスキルが蓄積され、金融機関とのパイプも日々強くなっています。
そして、そのことが栁澤会計の『資金調達力』を支えています。

お気軽にご相談・お問い合わせください

banner01

経営状況に応じた借換のメリット

Case1:会社の業績がよい時

強い会社、強くなる会社は、業績が良い時にこそ真剣に取組んでいます。
なぜ、会社の業績が良いときに『借換』が必要か?それは『資金調達コスト(金利の低さ)』を改善できる唯一のチャンスだからです。

また『資金調達コスト(金利の低さ)』は、別の角度から見ると金融機関からみた『会社』及び『社長』の経営力の審査結果でもあります。
会社の業績は良いときばかりではありません。
栁澤会計が金融機関の金利政策情報をキャッチし、目標とすべき『金利』をご提案し、金融機関との交渉に臨みます。

最新の優良な中小企業の資金調達コストを把握しており、また、お客様の財務も理解しております。
その上で今後の動向を交えて、真剣に金利引下のお手伝いをいたします。

そして、会社及び社長の評価を最大限にアップさせます。

Case2:会社の業績がよくない時

借換は『会社の業績がよくない』ときに、事前に調達に取組むことが必要です。

資金がショートしそうになってからの調達は『時間』『コスト』ともに増加し、また心理状況もよくなく、資金繰りの為の経営になってしまいます。

会社が復活できるかどうかは『この最悪の状況に陥る前に資金手当ができるか否か』にかかっています。
早めの財務状況の確認と中期的な資金繰り、根本的な経営改善。これらを早めに対策提案できるのが栁澤会計です。

Case3:業績は良くも悪くもないが、資金繰りを改善したい時

何事も無い状況でも、借換が必要になります。

返済スピートが(利益に対して)早すぎるとき

減価償却のスピードと返済スピードが連動しないとき

運転資金と設備資金を区別せず(区別できずに)に、まとめて資金調達したとき

借入の口数が多いとき

事業は、資金調達の良し悪し(上手下手)で、全く異なる経営となります。事業計画にリンクした正しい調達ができなければ、投資・平常経営の舵取りが難しくなります。

栁澤会計は、正しい調達と調達の軌道修正に適時に対応し、会社の成長のお手伝いをいたします。

shikinchotatsu-ginkoyushi03

 

PAGETOPPAGETOP

CONTACT

お問い合わせ

あなたのお悩みをお気軽にご相談ください